【09/02締切】令和4年度心の輪を広げる体験作文・障害者週間のポスター作品募集中!

団体:
LINEで送る
Pocket

市では内閣府と共催で、障害のある人への市民の理解を促進するため、市内在住・在勤・在学の方を対象に「心の輪を広げる体験作文」及び「障害者週間のポスター」を募集しています。ぜひ奮ってご応募ください!

〈心の輪を広げる体験作文〉

(1)テーマ:出会い、ふれあい、心の輪
       ―障害のある人とない人との心のふれあい体験を広げよう―
(2)題名:自由
(3)内容:障害のある人とない人との心のふれあいの体験をつづったもの。
(4)部門:小学生部門、中学生部門、高校生部門及び一般部門の4部門
(5)対象:市内在住・在学・在勤の小学生以上
(6)規格:400字詰め原稿用紙(B4又はA4判。横向き・縦書き。パソコン等の
      電子機器により作成、印刷したものも可)
      小学生部門・中学生部門=2~4枚程度
      高校生部門・一般部門=4~6枚程度
(7)応募点数:未発表のもの1点に限る

〈障害者週間のポスター〉

(1)テーマ:障害の有無にかかわらず誰もが能力を発揮して安全に安心して
       生活できる社会の実現
(2)題名:自由
(3)内容:障害者に対する理解の促進等に資するものとし、障害のある人と
      ない人の間の相互理解・交流等を造形的表現で訴えるもの。
(4)部門:小学生部門及び中学生部門の2部門
(5)対象:市内在住か在学の小・中学生
(6)規格:画用紙のB3判か四つ切りの縦向き(縦長)のみ、彩色画材は自由。
     注 横向き(横長)のものは審査の対象外となります。
     注 小学生部門・中学生部門ともに標語その他の文字の使用はできません。
     注 折り曲げずに提出してください
(7)応募点数:未発表のもの1点に限る

申込共通:9月3日金曜日(必着)までに、作品に応募用紙に必要事項を記入した応募用紙を添えて、小・中学生と高校生は学校を通して、一般の人は直接、相模原市高齢・障害者福祉課へ送付する。
注:障害福祉施設で取りまとめての提出も可とする。この場合も、送付先は相模原市高齢・障害者福祉課とする。

体験作文の応募用紙はここをクリックしてください。
ポスターの応募用紙はここをクリックしてください。

詳しくは応募要領(ここをクリック)をご覧ください。

相模原市高齢・障害者福祉課(本館4階)
〒252-5277 相模原市中央区中央2-11-15

募集チラシ」を別ウインドウで開く