フライングディスク

フライングディスクは、プラスチック製の円盤型ディスクを投げ、距離や正確性を競う競技です。

全国障害者スポーツ大会で行われるフライングディスクの競技種目には、「ディスタンス」と「アキュラシー」の2種目があります。

  • ディスタンスは、ディスクを3回投げ、最も遠くへ投げた距離を競います。
    男女別に立位(立って投げる)と座位(車椅子などに座って投げる)に分かれて競技を行います。
  • アキュラシーは、標的の輪をめがけディスクを10回投げ、輪の中を通過したディスクの枚数を競います。
    標的までの距離が5mのディスリートファイブと標的までの距離が7mのディスリートセブンがあります。
    障害の種類・年齢・性別に関係なく、誰でも気軽に参加することができる競技のひとつです。

 

フライングディスク アキュラシーの様子
 
flyingDSC_20160923_1
flyingDSC_20160923_2

市内活動団体

・相模原市身体障害者連合会 フライングディスク競技練習会