車椅子バスケットボール

転倒するほど激しくぶつかり合う迫力あるプレーが魅力で、「コート上の格闘技」とも呼ばれます。

コートの大きさやゴールの高さなど、基本的には一般のバスケットボールのルールと同様ですが、ボールを持ったまま2プッシュまで車椅子をこぐ事が認められており、ダブルドリブルは適用されません。

選手が持つ障害の程度によりクラス分けを行い、障害が最も重度の場合は1.0点、最も軽度ならば4.5点とします(それぞれのクラスで上位の運動能力のある選手には4.5点を限度に0.5点加算されます)。

コート上の5人の選手のクラスは合計14.0点を超えてはならないルールがあり、障害の重い選手も等しく試合に出場するチャンスがあります。
 

車いすバスケットボール試合の様子
 
IMG_0275IMG_0283

 

市内活動団体

・SAGAMIFORCE