障害を理解していただくために

全障害に共通して配慮すべき事項

  1. 障害のある方の人権を尊重し、プライバシーに配慮しましょう。体罰、暴力的な対応は絶対にしてはいけません。
  2. 障害のある方が主体者であることに留意し、主体性や意向を尊重しましょう。

具体的には

① 選択する機会を提供しましょう。
② 自己決定を尊重しましょう。
③ 意見を出しやすい環境づくりに努めましょう。
  1. 障害のある方の立場に立った、分かりやすいコミュニケーションや安心感を持たれる接遇に努めましょう。

具体的には

① 敬称を使用しましょう。
苗字に「さん」を付けて呼ぶようにしましょう。
丁寧語を使用しましょう。
② 相手の年齢に見合った言葉づかいをしましょう。
③ 相手にわかりやすい言葉や方法を使って説明しましょう。