ウィルチェアーラグビー

四肢に障害のある車椅子の選手が出場するパラリンピック競技です。ぶつかり合う姿はラグビーそのもので、そのあまりの激しさから別名「マーダーボール(殺人球技)」と呼ばれていた歴史があります。

1チームは最大12名で構成され、コート上には4名が出場します。選手が持つ障害の程度によって0.5点きざみでクラス分けされ、障害が最も重度の場合は0.5点、最も軽度ならば3.5点とします。コート上4名の合計点が8点以内となるようにチームを編成しなければならないため、重い障害の選手にも出場機会が与えられます。

ボールはバレーボール5号球を基に開発された専用球が使用され、パスまたはひざの上に置かれてゴールまで運びます。ボールをひざの上に置いて運ぶ場合は、10秒以内に1回のドリブルを行わなければなりません。
得点の種類は1種類のみで、ボールを持ったオフェンス側の選手の車椅子の2輪がゴールラインに達するか通過することにより与えられます。

ルールではタックル(相手の車椅子に自分の車椅子を衝突させたり引っかけたりすること)により相手の攻撃や防御を阻止することが認められており、身体を張ったプレーが見どころです。