ボッチャ

ヨーロッパで生まれた重度脳性麻痺者もしくは同程度の四肢重度機能障害者のために考案されたスポーツで、パラリンピックの正式種目です。

まず、「ジャックボール」と呼ばれる白いボールを投げ、後から赤いボール6個、青いボール6個を交互に投げ合い、いかにジャックボールに近づけるかを競います。
障害により手でボールを投げることができなくても、足でボールを蹴ったり、ランプと呼ばれる滑り台のような投球補助具を使い、競技アシスタントのサポートを受けてボールを転がしたりすることで参加できます。

競技は男女の区別なくクラスに分かれて行われ、個人戦と団体戦(2対2のペア戦と3対3のチーム戦)があります。
障害の程度によりクラスが分かれており、同じクラスの選手同士が対戦します。クラスはBC1、BC2、BC3、BC4、オープンの5つで、オープン以外の4クラスがパラリンピック対象クラスです。