ローイング(ボート)

ローイングとはボート競技のことを指し、1000mのレースでいかに速く漕ぐかを競います。種目は、4人のクルー(漕手)と指示を出す1人の コックス(舵手、健常者が務めてもよい)による「コックスフォア」、2人のクルーによる「ダブルスカル」、1人のクルーによる「シングルスカル」の3種類があり、ブイ(浮標)で仕切られた6つの直線レーンで行われます。

選手は障害の程度によって競技種目が異なり、
「ASクラス」(腕と肩のみで漕ぎ、歩行ができない。車椅子の選手)、
「TAクラス」(胴体と腕を使って漕ぐことができる。下肢切断、脳性まひ、の選手)、
「LTAクラス」(片足と胴体、腕を使って漕ぐことができる。上下肢障害、脳性まひ、視覚障害の選手)
のいずれかにクラス分けされます。

一見単純そうなスポーツですが、クルー同士の呼吸をいかに合わせるかやコックスの駆け引きなどが勝負の鍵となり、繊細なスポーツでもあります。コンマ数秒の接戦になることが多く、ゴールする最後まで目が離せません。