馬術

人と馬が一体となって演技を行い、審判の採点により正確性と芸術性の高さを競う競技です。
「常歩(なみあし)」「速歩(はやあし)」「駈歩(かけあし)」の3種類の歩き方を基本に様々なステップや図形を描いたりします。種目は、規定された演技を行う「チャンピオンシップテスト」と、各自で選んだ楽曲に合わせて演技を組み合わせていく「フリースタイルテスト」があります。

障害の種類や程度によって、1a(最も重い)、1b、2、3、4(最も軽い)の5つのクラス(グレード)に分類され、グレードごとに競技を行います。
一般に使用されている馬具では障害によって不自由がある場合や安全性に問題がある場合は、それらを補うために改良された「特殊馬具」を使用することが認められています。
ムチを2本使用したり口で手綱を操ったりする選手もいます。

男女の区別がなく、年齢もグレードには関係ありません。
馬に自分の意志を伝え、自由自在に操ることが求められます。