スノーボード

2014年ソチ大会からアルペンスキーの1種目としてパラリンピックに登場し、2018年ピョンチャン大会からは1競技として行われることになりました。
出場するのは切断やまひなど下肢や上肢に障害のある立位の選手で、障害の種類や程度によって男子で3つ、女子で2つのクラスに分かれて男女別に順位を競います。

種目は、スノーボードクロスとバンクドスラロームの2つがあります。
スノーボードクロスは、予選で各選手が一人ずつコースを3本滑り、一番速いタイムの結果で決勝に進出できるかが決まる。
決勝ラウンドは複数ラウンドで構成され、予選タイムで組分けされた2名一組の選手が同時にスタートし、勝った方が次ラウンドに進出するトーナメント方式にて開催される

バンクドスラロームは、各選手が一人ずつ同じコースを3回滑り、最も早かった1本のタイムで順位が決まります。
コース上には旗門が立っており、規定どおりに旗門を通過してゴールを通過したタイムを争います。
旗門、コーナーのほとんどがバンクになっており、バンクを利用した無駄のない小さなターンをし、スピードのロスなく加速して次のターンに向かうことで好タイムを目指します。

  • 対象障害:
     肢体不自由