クロスカントリースキー

クロスカントリースキーは雪上のマラソンとも呼ばれ、走法と距離を組み合わせた種目が行われます。

走法にはクラシカルとフリーがあります。
クラシカルとはスキーを左右平行に保ちながら2本のシュプール上を滑る走法で行う種目で、スケーティング走法が禁止されています。
フリーはスキーを逆八の字に開いてキックするスケーティング走法など自由な走法でタイムを競う種目です。

距離は、約1kmのスプリントから5~10kmの中距離、20kmなどの長距離種目が行われます。

選手は立位、座位、視覚障害の3つのクラスに分けられ、男女別に各カテゴリーで順位を競います。
勝敗は、アルペンスキー同様、実走タイムに障害の程度に応じて設定されている係数を掛けた計算タイムで決まります。

パラリンピックではリレー種目もあります。
リレーは、1チーム4名で行うチーム戦で、勝敗はリアルタイムで競いますが、4選手の係数の合計に上限を設け、できるだけ障害の程度差による不公平がないようにしています。
またリレーには男女混合のミックスと、それ以外のオープンがあります。

  • 対象障害:
     肢体不自由、視覚障害