災害時要援護者避難支援の取組

地域ぐるみで防災対策を

過去の災害の教訓として、災害発生直後など一刻を争う事態では、行政による支援が間に合わず、地域の主体的な対応が最も重要であることが明らかになっています。そのため、災害発生直後の高齢者や障害者など迅速に避難行動をとることが困難な方(災害時要援護者)の避難支援は、自助、共助(地域・近隣)が重要と考えており、市は、平常時から地域における避難支援体制づくりを地域の皆さまと協働しながら進めます。
(詳細は、http://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/fukushi/019333.html