【10/31開催】バス研修旅行の報告

カテゴリー:
LINEで送る
Pocket

当初計画どおりに平成29年10月31日火曜日に合計24名で神奈川県立生命の星地球博物館と小田原市尊徳記念館を見学に出掛けました。
台風22号が接近していたので天気が心配されましたが、台風一過の好天に恵まれて、途中体調を崩す人も無く無事に元気に楽しく行ってくることが出来ました。

  • 生命の星地球博物館では46億年にわたる地球の壮大な歴史や生命の多様性、神奈川の自然と人間とのかかわり「地球を考える」、「生命を考える」、「神奈川の自然を考える」、「自然との共生を考える」の4つの総合展示室とジャンボブック展示室でわかりやすく、展示されていましたので理解することが出来ました。体長わずか数ミリメートルの昆虫から巨大な恐竜まで、1万点にのぼる実物標本にはスケールの大きさにびっくりしました。

     
  • 尊徳記念館では、解説員から尊徳に関する説明を受け、尊徳の人生、報徳思想等についての解説を受け、その後少年時代の金次郎、青年時代の金次郎、桜町の村つくり、小田原藩内の村づくり、各地の村づくりと弟子たち、金次郎にまつわる遺品等を見学して改めて尊徳の偉大さを実感しました。

     

私達失語症者は普段外出する機会が少ない中で、年に1度の福祉バスを利用して、車椅子のままでも、歩行困難者でもリフト付き大型観光バスで安心安全に仲間と気兼ねなく一緒に楽しい研修旅行で見聞を広められることを会員、家族共々楽しみにしています。