ウェブアクセシビリティについて

ウェブアクセシビリティとは

障害者や高齢者など心身の機能に制約のある人でも、身体的な条件や年齢に関わらず、誰もがウェブにアクセスし、必要な情報を取得し利用できることを「ウェブアクセシビリティ」と言います。

障害者とインターネット

障害者にとって、インターネットを使った情報収集や情報交換は、社会との大切な接点になりつつあります。インターネットの普及によって、新聞や雑誌などの情報を得たり、必要な情報を自分で検索したりすることができるようになりました。今や障害者の自立に、インターネットは欠かせないものとなっています。

ウェブアクセシビリティへの配慮

「さーくる」では、障害の有無や年齢などにかかわらず、誰もが利用しやすいウェブサイトを作成することを基本とし、具体的に以下の点を配慮しながら、ウェブ制作・活用を進めてまいります。

  • 機種依存文字を使わない
  • 文字の大きさを変えることができる
  • 背景色と文字色を変えることができる
  • 単語の途中にスペースや改行を入れない
  • 内容を的確に表すタイトルや見出しをつける
  • ダウンロードファイルには、ファイルの種類を記載する
  • 画像には、代替テキストを入れ、適切な代替情報を提供する

今後もアクセシビリティの向上に努めてまいりますので、よろしくお願いいたします。